ホーム インフォメーション

「飲酒と健康に関する講演会」開催のご案内

古来より、酒はほどほどにこれを嗜むは百薬の長となり過ぎたるは万病の源となる、といわれています。
適正飲酒の大切さを標榜する当協会は、昨年に続き、下記要領で、飲酒と健康に関する講演会を開催致します。健康のため、長寿のための参考にご参加されますようご案内申し上げます。

開催日時 平成26年10月9日(木)13時〜17時
開催場所 国立がんセンター内国際研究交流会館(東京都中央区築地5-1-1) 【地図】
主   催 公益社団法人アルコール健康医学協会
後   援 厚生労働省、文部科学省(申請中)、公益財団法人日本学校保健会
対   象 消費者とその関係団体、保健所・市町村保健センターの職員、学校保健・産業衛生の関係者及び栄養指導者、酒類業界のCSR担当者等
目   的 飲酒と健康、特に多量飲酒に伴う疾病について考える
参加人数 150人程度
参 加 費 無料
申込期限 平成26年9月26日(金)まで
申込方法 講演会の参加申込書(PDF)を印刷し、必要事項をご記入のうえ、FAX(03-5802-8763)にて申込みください。当日受付にて参加申込書をご提示くださいますようよろしくお願い申し上げます。
    ★申込先FAX番号:(03)5802−8763
参加申込書:(PDF/149KB)

【内容】

予定時刻 演題 講師

12:30〜13:00

受付開始

事務局

13:00〜13:10

主催者あいさつ

公益社団法人アルコール健康医学協会
理事長 玉木 武

13:10〜13:40

飲酒と健康に関する最近の国の動き
-アルコール健康障害対策基本法を中心に-

厚生労働省健康局 がん対策・健康増進
課長 正林 督章氏

13:40〜14:35

飲酒と脳神経疾患

杏林大学医学部高齢医学准教授
松井 敏史氏

14:35〜14:55

休憩(20分)

 

14:55〜15:50

飲酒と消化器疾患

国際医療福祉大学臨床医学研究センター
教授 堀江 義則氏

15:50〜16:45
  (閉会)

飲酒と泌尿器疾患

(公財)日本対がん協会 会長
国立がんセンター 名誉総長
垣添 忠生氏

出版物のご案内
情報誌「NEWS & REPORTS」
単行本・書籍
リーフレット・パンフレット
ビデオ・ポスター
最新book
page topへ